男性キャラ

男性キャラ

八軒勇吾のキャラ設定
本作の主人公。 ほかの生徒たちとは違い、農業高等学校(エゾノー)には一般家庭からの入学者。最初は勉強でトップを張ることを目標としていたが、農業の現実、生活を経験するうちに徐々に『自分が本当にやりたいこと』を意識していくようになる。 困っている人をみているとほおっておけない一面もある。

ジャン・キルシュタインのキャラ設定
第104期訓練兵の一人。 切れ長の鋭い目つきが特徴のキャラクター。 自分に正直な所があり、歯に衣を着せない言動ゆえ何かと他者との軋轢を生みやすい。 現実主義な思考の持ち主であり、ただ楽がしたいから内地へ行くのではなく、人類が巨人達に総攻撃して大敗したことや巨人1体を倒すのに平均で30人が犠牲になることから、「人類は巨人に勝てない」と素直に考えた結果、内地へ行くことを目指している。

アルミン・アルレルトのキャラ設定
エレンとミカサの幼馴染。 特にエレンとは、ミカサと知り合う以前からの親友で、彼と同じくシガンシナ区で生まれ育った。 理知的で感受性や探究心に富んでおり、「人類はいずれ外の世界へ行くべき」という考えを持つ。堅固な意志を持つ反面、活発さに欠ける性格を本人も自覚しており、そこに不甲斐無さも感じている。

エルヴィン・スミスのキャラ設定
調査兵団13代団長。 エレン・イェーガーの巨人化能力を知った上で周囲の反対を説得し、入団させる等、広い視野と柔軟な思考を持つ。しかし、目的のためなら100人の仲間の命を捨てる覚悟をする非情で冷酷な一面もあるが、リヴァイをはじめ配下達からは「考えを理解できずとも付いていく」と深く信頼されている。

リヴァイのキャラ設定
刈り上げ頭と三白眼が特徴で、常に人を威圧しているかのような冷徹な雰囲気を持つ。 その戦力は相当なもので、一人で一個旅団(約4000人程度)並みと言われており、一瞬で巨人を2体倒し、女型の巨人が身体の一部を硬化する再生速度を上回る速さで切り刻むことができる。人呼んで「人類最強の兵士」と讃えられる人物。兵長と呼ばれる。

エレン・イエーガーのキャラ設定
「進撃の巨人」本作の主人公。ぶっきらぼうだが、正義感が強く、直情的になりやすい面がある。一見すると生意気な子供にみられがちだが、そのうちに秘める芯の強さと、自分の意思を曲げない気概は周囲から一目置かれている。訓練兵としての初陣であるトロスト区攻防戦において、巨人化能力を発現し、人間側の大きな力となっている。原作版では瞳は黄色、アニメ版では緑色。

ベルトルト・フーバーのキャラ設定
第104期訓練兵団を3番で卒業した長身で黒髪の少年。 アニメや公式では褐色の肌をしている。
能力的には優秀だが、大切な判断を他の人に託すなど、主体性に欠ける受身な性格をしている。
当初は憲兵団への入団を希望していたが、その理由も「内地での安全と快適な生活の獲得」という特権のみを欲するというありきたりのもので、気弱さや積極性のなさは本人もよく認識している。しかしその正体は「壁」を破壊する元凶の超大型巨人だった。

ライナー・ブラウンのキャラ設定
仲間から厚く信頼されるリーダー的存在。巨人に襲撃されたウォール・マリア南東の山奥の村の数少ない生き残りであり、故郷に帰るという一心で生きている面があり、絶対に曲げられない信念を持つ者同士として、エレン・イェーガーに深く共感している。しかし重大な正体を持つ。それは...。

探偵。小柄で少年のような容姿をしており学校でも男子の制服を着ているため男性に見えるが、実は女性。一人称は「僕」。中性的な容姿と、いつも頭に被っている帽子がトレードマークで、特に女子に人気が高い。