女性キャラ

女性キャラ

アンナ・ヘンドリックスのキャラ設定
出版社の編集者。自称:ガリレオマニア。ガリレオの遺品に魅了されたひとり。ガリレオに関する知識も豊富で、フェラーリ三姉妹に協力する。探究心と行動力に満ち溢れており、三姉妹を助けるためには身の危険をもいとわない。反面、姉妹のいない時に、独自に船内を捜索するなど、怪しい行動もとっている。9話にて巻き髪の中に携帯電話を仕舞っている事が判明...w

葉月・フェラーリのキャラ設定
フェラーリ三姉妹の長女。勝気な性格。辛辣な言葉を発するが、正義感が強く、妹想いで人情家。星月には「ホッチィ」、神月には「カッキー」と呼んでいる。会話の中でも何かと法律関係のことを持ち上げることが多いが、成績は最下位とのこと。料理は苦手。

神月・フェラーリのキャラ設定
フェラーリ三姉妹の次女。母・シルヴィアの元で暮らしている。 感情を表に出さない性格。普段は何事にも冷めた態度を取る皮肉屋であるが、実は気弱で心配性。基本的に人付き合いは苦手。本心では家族を大切に思っている。

星月・フェラーリのキャラ設定
「ガリレイドンナ」主人公。フェラーリ三姉妹の三女。13歳。イタリア人と日本人のハーフ。 金魚が大好きで、ピッコロッソという名前の金魚を飼っている。内向的な性格で優柔不断だが、いざという時には大胆な行動力を発揮する。金魚型の枠にはまった砂時計のような物をペンダントとして身に着けている。

桃井さつきのキャラ設定
桐皇学園高校の男子バスケ部マネージャー。黒子に好意を抱いており、デートに誘ったり、彼女だと自称したりなど積極的にアタックしている。 故にネット上ではアンチが多い模様。マネージャーとしての腕は有能で、特に諜報部員としての情報収集力が非常に高く、相手選手の現在の能力だけでなく、今後どういう成長をするかまでの予想を立てて対策する。バスケ部になくてはならない存在。キセキの世代の面々とは仲が良い。

上杉謙信のキャラ設定
謙信女性説の影響を受け、その体は女性のように細身でありながら、中性的な顔にデザインされており、あえて性別が分からないようになっている。史実同様、武田信玄とはライバル同士であり、度々激闘を繰り広げており、その実力はお互い認め合っている。 また、史実にあるような「塩をおくる」エピソードもあり、ゲームファンだけでなく史実ファンにも根強い人気を誇るキャラクター。

濃姫のキャラ設定
織田信長の正室。夫である信長に天下を獲らせるべく行動し、その為には、自ら手を汚すこともいとわない。2丁の拳銃をメインウェポンとして重火器も武器として使用する。 史実では信長の正室という立場でありながら、斎藤家から嫁いだこと以外、殆どが不明。 容姿も人物も、幼少期も結婚後もわかっていない。

かすがのキャラ設定
上杉謙信に仕える美しいくノ一。使命感・責任感が強い一方、本来は優しく性格で、感情的になりやすいため、忍に向いた性格とは言えない。 謙信に心酔しており、謙信の懐刀としてつねに付き従い、傍らで戦い続ける。 嫉妬深い一面もあり、謙信が自分以外の誰かと親しげにしていると嫉妬に狂う。BASARAオリジナルのキャラクターであり、史実上で合致する人物は存在しない。

お市のキャラ設定
織田信長の妹で浅井長政の妻。史実の「お市の方」が持つ悲劇性を前面に出してデザインされ、 それを反映してその容姿とは反してかなり内向的で自虐的な性格である。 「戦国BASARA」にしては珍しい弱い心の持ち主で若干不幸に酔っている節がある。声は大人気声優、能登麻美子が担当した。