男性キャラ

男性キャラ

ゼハート・ガレットのキャラ設定
ヴェイガンのXラウンダーで、1部でユリンを殺害し、フリットの憎悪の対象であるデシルの弟。スパイとしてアセムの学校に転入し、アセムやロマリーと親交を築く。卒業後はヴェイガンの指揮官としてアセムらと対立する。最終的にコールドスリープで眠りにつき、第3部にも若々しい姿で登場する。

アセム・アスノのキャラ設定
ガンダムAGE第2部の主人公。フリットとエミリーの間に生まれた息子。父親からAGE-1を託され、軍隊に入隊してからは可変機であるAGE-2を与えられる。偉大な父親や、敵対することになった友人のゼハート(父フリットが思いを寄せていたユリンを殺害したゼシルの弟)との関係性に葛藤を抱く。

クラインのキャラ設定
デスゲームに巻き込まれたSAOプレイヤーのひとり。キリトが正規版SAOで初めて出会った人物で、野武士のような出で立ちをしている。武器は刀。リアル・ゲーム内共に酒飲みキャラ。声優に、ワイルドタイガー(虎徹)、ワンピース(サンジ)の平田広明氏を起用しており、その点でも人気が高いキャラである。

折木 奉太郎のキャラ設定
「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」をモットーとする省エネ主義者。そのため校内の部活動にも関心を示さなかったが、とあるきっかけで廃部寸前だった古典部に入部し、そこで出会った千反田えるに推理力を見込まれ、しばしば成り行きで探偵役を務めることに...

イワン・カレリンのキャラ設定
日本マニアで忍者に憧れている青年。自宅も日本家屋風の部屋である。仕事の際は「ござる口調」でテンションが高いが、これは無理にテンションをあげているようで、普段は大人しくネガティブな性格である。虎徹たちと関わっていく内に彼なりに成長していった。

キース・グッドマンのキャラ設定
「ありがとう!そしてありがとう!」のセリフがあまりにも有名な「スカイハイ」ことキース・グッドマン。ヒーローランキングのトップに君臨し、老若男女に絶大な人気を誇る「キング・オブ・ヒーロー」。ヒーローランキングトップの座をバーナビーに譲り渡してからは『風の魔術師』と呼ばれるようになった。

バーナビー・ブルックスJr.のキャラ設定
「スーパールーキー」と言われたエリートヒーロー。他のヒーローと異なりヒーロー名は持たず、意図的に本名と素顔を公表している。虎徹とヒーロー界初のコンビTIGER & BARNABYとして活動することになるが、当初は虎徹を軽蔑しており、「おじさん」と呼び、コンビも仕事や目的のため嫌々とやる等、関係は最悪であった。コンビを重ねていく内に次第に虎徹を認めはじめ、「虎徹さん」と呼ぶようになり、虎徹の優しさを他人に説明する等、虎徹へ強い信頼を抱くようになり、文字通り「コンビ」となった。

鏑木・T・虎徹のキャラ設定
仕事も私生活も崖っぷちの元・人気ヒーロー『ワイルドタイガー』に変身する。「ワイルドに吼えるぜ!!」が決め台詞。一般市民を守るためなら器物破損もためらわない大胆な行動から、「正義の壊し屋」の異名を持つ。移籍により新人ヒーローであるバーナビーと、TIGER & BARNABYとしてコンビを組むこととなった。

越前リョーマのキャラ設定
口癖は「まだまだだね」目つきが鋭く、物事をストレートに言うため、生意気に見られがちなタイプ。一見クールでともすれば冷たくも見えるが、内面には熱い部分を持っている。