男性キャラ

男性キャラ

明智光秀のキャラ設定
見た目は端正かつ物静かで穏やかな青年のようにみえるが、その本性は人が苦しみ死んでゆく様を見るのが大好物の、殺戮とカオスを楽しむような変態思考である。織田信長とは最初は主従関係であったが、いつしか欲望が主君である信長に向けられるようになり、 光秀の最高の望みは「信長公の苦しむ顔を見ること」に変わっていった。 それこそが本能寺の変を起こした動機である。 史実とは全く違うので史実ファンには嫌われている。

苗木誠のキャラ設定
「ダンガンロンパ」の主人公。容姿も成績も特筆すべきところがない、ごくごく平凡な少年。 「希望ヶ峰学園(本来なら才能溢れる高校生でしか入学出来ない)」に、平均的な学生の中から抽選で選ばれる超高校級の幸運として学園入学の権利を得る。「超高校級の幸運」という肩書きを持っているが、実際のところ本人は幸運だとはあまり言えない。 一人称は「ボク」。お人好しで心優しい性格の平和主義。

石丸清多夏のキャラ設定
「質実剛健」を座右の銘としている熱血漢で努力家。幼い頃のとある事情から天才というものを嫌悪しており、才能にかまけてばかりで努力を怠る者に対しては厳しい態度をみせ、努力の果てに今の自分があるとの思いから、天才と呼ばれることを嫌っている。「超高校級の風紀委員 」と呼ばれている。

十神白夜のキャラ設定
非常にプライドが高く傲慢な性格で、他人を徹底的に見下すエゴイスト。何でもできる天才肌で、自他共に認めるエリート。家柄は巨大財閥として知られる「十神一族」の嫡男で超高校級の御曹司と言われる。また、自らを「超高校級の完璧」と自称している。

スルガ・アタルのキャラ設定
軽薄で軟派な性格。階級は少尉。遠距離射撃を得意とするチームのガンナー。 「ザンネン5=チームラビッツ」のムードメーカー。チャラ男のような印象が強いが、自分たちの『失われた過去の記憶』について深く考えるなど、思慮深い一面もある。

アサギ・トシカズのキャラ設定
チームの中では最年長。冷静沈着だが、意外と熱くなりやすく、特に仲間のことを悪く言う相手には激高する。 何かと胃を痛める苦労人で、極度のアガリ症、メンタル面が弱いザンネンイケメン。 プライドが高くはあるが、その分、真面目であり、礼儀や節度はきちんと守る。ちなみに趣味は盆栽である。

ヒタチ・イズルのキャラ設定
ヒーローになることを夢みており、初陣で敵を撤退させてしまったが為、「チームラビッツ」のメンバーと共に注目を集める事になる。 性格はおとなしく穏やかな性格。しかし戦闘になると自分の身を顧みず仲間や弱い人々を庇うなど、かなりの熱血漢。天然で空気が読めない性格で、少年漫画主人公の王道をいく。それゆえヒーローに関する思い込みが激しく空気が読めない所が欠点。

駒場一郎のキャラ設定
硬派で熱い男。 家は酪農家で父親を早くに亡くしたため、母を手伝い、カ行を継ぐ気でいる。しかしプロ野球選手の夢も捨てがたいらしく、結果「プロ野球で稼いだ金で実家を立て直す」のが大きな目標となっている。八軒とはアキを通じての交流が多く、ときに八軒に厳しい忠告を送ることがある。

クロキ・アンジュのキャラ設定
チームラビッツに配属される。性別不明。普段は弱腰な性格。しかし、何らかの要因でスイッチが入ると性格が変わり、言いたいことをズバズバ言うようになり、戦闘スタイルもトリガーハッピーかつ荒々しいものになる。そのため、チームラビッツの面々とは微妙な距離感がある。