女性キャラ

女性キャラ

まつのキャラ設定
前田家の当主・前田利家の妻で、その聡明さと器量の良さで前田一門を支えている。利家とは長年連れ添いながら、ずっと新婚カップルのように仲睦まじい関係。甥である前田慶次に手を焼いており心配の種となっている。 キャッチコピーは「賢才瞬麗(けんさいしゅんれい)」

江ノ島盾子のキャラ設定
スラリとしたプロポーションが目を引く超高校生級ギャル。社交的で天真爛漫だが、喜怒哀楽がはっきりしすぎる良くも悪くも現代っ子な側面を持つ。 髪型はボリュームのある金髪のツインテール。それぞれ右にはウサギの顔、左には紅白の大きなリボン型の髪留めをしている。 意外にもタフで打たれ強く、モノクマの理不尽な言動には真っ先に反抗するなどの一面も。

セレスティア・ルーデンベルクのキャラ設定
「ウソ」をつく天才で、その類稀なる才能を活かし麻雀やポーカーなどの対人式の賭博で連戦連勝の記録を持つ。超高校級のギャンブラーと言われる。ゴスロリ衣装に身を包み、刺々しい言葉で相手を追い詰める女王様気質。「ウソ」の天才ということもあり、その素性や経歴のほとんどがウソで、本当の設定は少ない。

不二咲千尋のキャラ設定
穏やかで心優しい性格の一方で人見知りが激しく臆病。小動物を思わせる仕草と言動で一部に熱狂的なファンが多く、裏のヒロインとも言われ、ファンの間ではもっぱら「ちーちゃん」「ちーたん」という愛称で呼ばれている。 その見た目に反してプログラミングの技術は神業級で、超高校級の天才プログラマーでもある。

霧切響子のキャラ設定
本作「ダンガンロンパ」のヒロイン。自分の事を多くは語らず、極めて冷静沈着で、喜怒哀楽は人並みにあるが表情にも口調にも出さない、謎の多い人物。 「希望ヶ峰学園」に監禁された高校生の中で唯一才能が明かされておらず、生徒手帳のプロフィールにも "超高校級の???"と記載されている。

松岡江のキャラ設定
凛の1歳下の妹。 岩鳶高校の1年生で渚、怜と同級生。 重度の筋肉フェチであり、男性の鍛えられた筋肉に恥じらいつつも見惚れやすく、また筋肉の部位に非常に詳しいという女性っぽくない面もある。水泳部に四人目の部員として入部し、マネージャーを務めることになった。 髪につけている水色の物はリボンではなく、魚の形をした髪飾りのようなものだとファンの間では言われている。(公式には不明)

大神さくらのキャラ設定
実家は300年続く道場で、その後継者たる所以から乳母車に乗る前から戦いを始めたという伝説を持つ。現役女子高生ながら総合格闘技の世界大会を制覇した超高校級の格闘家。 その外見とはうらはらに、基本的に常識人ではあるが、プロテインコーヒーを愛飲し、プロテインが万病に効くと本気で考えているほどプロテインを神聖視している妙な側面も。

クギミヤ・ケイのキャラ設定
生真面目でお堅い性格。朝食に大盛りのパフェとケーキを食べ、濃縮された練乳ドリンクを苦もなく飲むほど、甘いものが好物。スイーツを作るのが趣味。『甘くなければケーキじゃない』との事で、その甘さは殺人級。 ゆえにあだ名はザンネンパティシエ。

イリエ・タマキのキャラ設定
子供っぽい性格。チームラビッツ所属の一人。15歳。チームのブースター(遊撃)担当。 大のイケメン好きで、手当たり次第に告白するのだが、ことごとくフラれている。更に戦闘の最中でも恋愛の話をうっかりしてしまったことがあるくらいの、天然系恋愛「ザンネン娘」である。