女性キャラ

女性キャラ

稲田多摩子のキャラ設定
つんと澄ましており、クールで現実主義な性格。丸々と太り卵のような体系。実家が共同経営農家で、将来は世界に通用する農園を経営することを目指している。そのため、お金に関しては非常に厳しく、抜け目がない。農業の現実、厳しさを目の当たりにしてきたため、家畜への目は厳しく、計算的。しかしそれが雇っている従業員の生活を守るためだというのも知っている。

御影アキのキャラ設定
エゾノーの馬術部に所属する実家が酪農家の少女。実家(農業)では馬と牛を飼っている。 将来は実家の後を継ぐ予定。だが、本当は馬に関わる仕事がしたいらしく、実家の存続と夢のあいだで人知れず思い悩んでいる。 しかしその悩みを人に言うことはなく、つねに人前では笑顔を絶やさない。そんな彼女の思いを八軒は感じ取り、アキは八軒を連れて実家で両親に本当の思いを告げる。

クリスタ・レンズのキャラ設定
金髪碧眼の少女。顔の中央に前髪がひと房垂れているのが特徴。 温和な性格。華奢に見えて、第104期訓練兵団を10番で卒業した実力の持ち主。 面倒見が非常に良く、体調を崩した仲間を介抱したり食べ物を分け与えるなど、心優しい行動が多い。 外見が整っていることもあり「神様」「女神」などと呼ぶ者もいるほど。

ミカサ・アッカーマンのキャラ設定
主人公であるエレンの幼馴染であり、家族でもある。今はほとんど絶滅した"東洋人種"の貴重な生き残りの血を引きいている(ミカサ自身は東洋人種とのハーフである)。この世界では珍しく、美しい黒髪に黒い瞳を持つ。故にコスプレ人気も非常に高いキャラクター。

アニ・レオンハートのキャラ設定
冷静沈着・感情表現に乏しい少女。 目付きと雰囲気が常に鋭く、寡黙でぶっきらぼうな口調。 合理主義を貫徹しており、立体機動でも無駄のない動きで巨人の弱点に深い斬撃を加える。 エレン達とは違い憲兵団に入団をするも、彼等とは驚くべき姿で再会することになる ...

サシャ・ブラウスのキャラ設定
髪を束ね、後れ毛をばらつかせたポニーテールにしている少女。あだ名は「芋女」。 並外れて食い意地が張っており、「食える時に食っておけ」というような信念を異常なまでに貫いている。兵団の厨房や倉庫から食糧を盗み出してつまみ食いすることもしばしば。兵団に入ったのも「美味しい物が食べられる」との理由から。

ユミルのキャラ設定
黒髪で長身の少女で、そばかすと特徴的な鋭い目つきが特徴。 原作では男性的な外見だが、アニメでは女性らしい見た目になっている。 打算的で世間ずれしたきつい言動が多い。本編で早くから登場するも長く名前が明かされず、単行本9巻収録の37話で初めて明かされた。故に序盤では読者から「そばかすの女」と言われることが多かった。

ゼルダ姫のキャラ設定
ハイラル王家の姫君、主に王女。「知恵のトライフォース」の所持者。またファミコン冒険ゲームブックのゲームブック作品『蜃気楼城の戦い』においては、プレイヤーキャラになった。

モルジアナのキャラ設定
狩猟民族『ファナリス』出身の赤髪の少女。 とても可愛らしい女の子であるが、ファナリスの特徴である、岩をも砕き、垂直の壁をも駆け上がる程の強靭な脚力と犬のように鋭い嗅覚を持つ。