レオン・S・ケネディのキャラ設定
初出は「バイオハザード2」。正義感に溢れており、人々を守る使命感を持った新人の警察官だったが、時間には大変だらしない。女性に対しては誠実だが、女運が悪い。T-ウイルスに対して完全な抗体を持っているため、ゾンビなどと接触してもゾンビ化することがない。

秋月 律子のキャラ設定
765プロのプロデューサーのひとり。元アイドルだが現在は一線を退いている。アイドルと事務員と学生の三足のわらじを履きこなし、将来設計も怠っていない「才女」である。

双海 真美のキャラ設定
765プロ所属のアイドル。竜宮小町の亜美とは双子の姉妹。姉妹揃ってのいたずら好き。1st Vision『アイドルマスター』では双子の妹の双海亜美と二人で一人の765プロアイドル『双海亜美』を演じていたが、『アイドルマスター2』では双海亜美から独立したPC(プレイアブルキャラクター)のアイドルとしてプロデュース可能となった。

久慈川りせのキャラ設定
お茶の間で人気絶頂のアイドル「りせちー」として、多くの人に親しまれている現役女子高生アイドル。感情豊かで、よく笑い、よく怒り、よく泣きだす。

花村陽介のキャラ設定
主人公の通う八十神高校の同級生。首元に下げた赤いヘッドフォンがトレードマーク。名前の通り陽気な性格で気配りもでき誰とでも気軽に接する事ができるため、校内では男子のみならず里中千枝や天城雪子など女子とも、幅広く友人関係を築いている。もっともお調子者な一面が幸いし、人付き合いでは地雷を踏んでしまう事も少なくなく、ペルソナの名前「ジライヤ」から「地雷屋」とも言われている。

里中 千枝のキャラ設定
元気いっぱいの女の子。 カンフー映画の大ファンで、戦闘中にはブルース・リーの言葉を引用したり、身軽な身体から実践的な足技を繰り出すようになるほどの筋金入り。社交的で行動力があるため男友達も多いが、彼女の快活さや負けん気の強さからかあまり女性扱いされない。

ゼシカのキャラ設定
名家アルバート家のお嬢様であり魔法使いの卵。気が強く、少々わがままで周りを見ないところがあるが、根は心優しく、他人の痛みを分かってあげられる性格である。巨乳の持ち主であり、さらに露出度の高い服装のため、一部男性キャラクターに注目されることも。本人もそれは自覚しており、特技としている。

主人公(パパスの息子)のキャラ設定
グランバニア王パパスと元エルヘブン民である王妃マーサの間に生まれた一人息子。長い黒髪を後ろで結い紫のターバンを巻いている。青年になると杖を持ち、中東の羊飼いのような服装をしている。外見が独特でドラゴンクエストVの象徴的な存在。

小早川 凛子のキャラ設定
勝気で我が強く、家庭に複雑な事情を抱えているせいか、主人公や自分より明らかに強い者に対して躊躇なく暴力を振るう等ぶっきらぼうかつ無茶な振る舞いで主人公を心配させる。しかし根はとても素直で寂しがり屋。俗に言う「ツンデレ」キャラクター。