まつのキャラ設定
前田家の当主・前田利家の妻で、その聡明さと器量の良さで前田一門を支えている。利家とは長年連れ添いながら、ずっと新婚カップルのように仲睦まじい関係。甥である前田慶次に手を焼いており心配の種となっている。 キャッチコピーは「賢才瞬麗(けんさいしゅんれい)」

苗木誠のキャラ設定
「ダンガンロンパ」の主人公。容姿も成績も特筆すべきところがない、ごくごく平凡な少年。 「希望ヶ峰学園(本来なら才能溢れる高校生でしか入学出来ない)」に、平均的な学生の中から抽選で選ばれる超高校級の幸運として学園入学の権利を得る。「超高校級の幸運」という肩書きを持っているが、実際のところ本人は幸運だとはあまり言えない。 一人称は「ボク」。お人好しで心優しい性格の平和主義。

イリエ・タマキのキャラ設定
子供っぽい性格。チームラビッツ所属の一人。15歳。チームのブースター(遊撃)担当。 大のイケメン好きで、手当たり次第に告白するのだが、ことごとくフラれている。更に戦闘の最中でも恋愛の話をうっかりしてしまったことがあるくらいの、天然系恋愛「ザンネン娘」である。

西園寺レイカのキャラ設定
特務機関「MJP」の戦闘母艦ゴディニオンの整備士長。豪胆な性格で、部下の整備士達からは「おやっさん」と呼ばれている。スズカゼとは同期の仲で、幼馴染。彼女の事を「リンリン」と呼び、酒の席で弱音や愚痴を全て受け止めてあげている。 チームラビッツにもしたわれている。

四葉ありすのキャラ設定
髪色は茶色。四葉財閥のお嬢様。おっとりした性格で、世間知らずの御令嬢らしく世間とズレた感性を持つ(ジコチューをうちでかってもいいかしら等という発言他)。友人の相田マナと菱川六花がプリキュアである事実を知っても全く驚かず、目の前で起こる戦いを微笑ましく見守るなど、多少の物事には一切動じない強さがある。友達を傷つけられると怒りで我を忘れる一面も。

稲田多摩子のキャラ設定
つんと澄ましており、クールで現実主義な性格。丸々と太り卵のような体系。実家が共同経営農家で、将来は世界に通用する農園を経営することを目指している。そのため、お金に関しては非常に厳しく、抜け目がない。農業の現実、厳しさを目の当たりにしてきたため、家畜への目は厳しく、計算的。しかしそれが雇っている従業員の生活を守るためだというのも知っている。

ジャン・キルシュタインのキャラ設定
第104期訓練兵の一人。 切れ長の鋭い目つきが特徴のキャラクター。 自分に正直な所があり、歯に衣を着せない言動ゆえ何かと他者との軋轢を生みやすい。 現実主義な思考の持ち主であり、ただ楽がしたいから内地へ行くのではなく、人類が巨人達に総攻撃して大敗したことや巨人1体を倒すのに平均で30人が犠牲になることから、「人類は巨人に勝てない」と素直に考えた結果、内地へ行くことを目指している。

ユミルのキャラ設定
黒髪で長身の少女で、そばかすと特徴的な鋭い目つきが特徴。 原作では男性的な外見だが、アニメでは女性らしい見た目になっている。 打算的で世間ずれしたきつい言動が多い。本編で早くから登場するも長く名前が明かされず、単行本9巻収録の37話で初めて明かされた。故に序盤では読者から「そばかすの女」と言われることが多かった。

探偵。小柄で少年のような容姿をしており学校でも男子の制服を着ているため男性に見えるが、実は女性。一人称は「僕」。中性的な容姿と、いつも頭に被っている帽子がトレードマークで、特に女子に人気が高い。